日本法規情報 株式会社相談窓口案内サービス、日本法規情報

相談サポート通信

海外企業と契約をする際の注意点

一覧にもどる

 近年、企業のグローバル化が進み、海外への進出、もしくは海外から日本への進出が増加しています。それに伴い、海外企業と契約を結ぶ機会が急速に増加しています。しかし、海外企業との契約には文化や言語の違いから様々な問題が発生してしまう場合があります。迅速かつ安全に取引を行うためにも、トラブル事例や注意点を踏まえてから、契約を締結することが大切です。

 今回は、海外企業と契約をする際に注意するべきことについて説明します。

・海外企業との契約でトラブルが起きる原因

 海外企業との契約でよくあるトラブルの原因には以下のようなものがあります。

○言語の違い

 海外企業との契約においては「言語の壁」という問題が存在します。特に、契約書を作成する際に問題が発生する場合が多いです。

 海外企業との契約では、両国の言語で契約書を作成するのが一般的です。異なる言語で同じ内容の契約書を作成するため、契約書の一つひとつの文章や単語の意味の微妙な違いから、トラブルに発展ケースがあります。契約書を作成する際には、異なる言語の専門的な用語、ニュアンスについても理解を深める必要があります。

○コミュニケーション不足

 海外企業との契約においては、コミュニケーション不足のためにトラブルが生じてしまうことが多々あります。

 言語の違いや距離の遠さなどから、コミュニケーションを怠ってしまうこともあるでしょう。しかし、お互いの環境や慣習が異なるからこそ、意思疎通が確実になされているかに細心の注意を払う必要があります。コミュニケーション不足では、企業間の良好な関係を維持するのが難しくなり、友好的な取引を継続できない可能性が考えられます。 

 また、取引には専門的な用語が必要不可欠であるため、日常会話程度の言語能力ではスムーズに話し合うことは難しいと言えるでしょう。

法律の違い

 訴訟に発展するような事態が発生した場合、法律が異なるために、更なるトラブルが生じてしまうことがあります。契約書には、どちらの国の法律に準拠するか、紛争解決地(裁判を行う国や地域)や紛争解決機関(裁判所・仲裁機関)をどこにするかなどを記載することが重要になります。

 法律関係を曖昧にしたまま契約を締結してしまうと、訴訟に発展するような事態が発生した場合に、一方的に不利な状況に追い込まれる可能性があります。

 

海外企業との契約におけるトラブル防止

 上記のような海外企業との契約におけるトラブルの原因は、国内企業とは異なり、解消するのが難しいです。

 しかし、次の2点に特に気をつけて取引を進めていくことで、トラブルを防止できる可能性は十分にあります。

不明点を解消する

 不明点がある場合には、常識や憶測で物事を進めることは避け、しっかり確認するようにしましょう。日本での常識が海外の企業にとっては常識ではないことも多いです。

 海外企業との取引において、不明点を解消するためには、まず契約を締結する前に取引先企業の状態や評価を確認すると良いでしょう。契約書の作成では、一つひとつの取り決めに関して、相手側とコミュニケーションを図るようにしましょう。合意に至ったことは文書に残すことで、誤解や紛争の防止につながります。

 不明点を解消しながら、取引を進めていくことが重要です。

○専門家に相談する

 海外企業との契約の際には、専門家に相談することをおすすめします。

 契約に至るまでの話し合いから、契約に沿って取引を完了させるまで、取引先企業とは様々なことを取り決めなければいけません。その一つひとつの事柄が法律に反していないか、トラブルに発展するようなものではないかを相談できる相手が必要です。契約書を作成するときに専門家の協力があると、その契約書の精度が向上するでしょう。 

 契約書の作成は、専門家に相談しながら行うことをおすすめします。

 契約書の作成で失敗してしまうと、様々なトラブルが発生します。トラブルを未然に避けるために、海外企業との契約においては、不明点を解消し、専門家に相談しながら、進めることをお勧めします。

 

・まとめ

 海外企業との契約は、言語の壁を乗り越えコミュニケーションを図り、法律の違いを念頭に置きながら、進めていくことが大切です。文化や慣習の違いから生じた双方の小さな誤解が、企業間の関係を維持することが困難となるような、重大な問題に発展することも考えられます。

 そのようなリスクを回避するためにも、不明点は一つひとつ解消し、経験と知識の豊富な専門家に相談することをお勧めします。

SERVICE CATEGORY相談ジャンル

家庭・離婚

家庭・離婚

DVや家庭内暴力、離婚調停、離婚裁判、親権獲得といったご相談を取り扱っております。

金銭トラブル

金銭トラブル

債務整理、自己破産、過払い金請求など、金銭トラブルに関するご相談を取り扱っております。

詐欺被害

詐欺被害

悪徳商法に関するトラブル、クーリングオフ、詐欺被害に関するご相談を取り扱っております。

不動産

不動産

敷金返還請求や不動産トラブル、任意売却、不動産登記など、不動産に関するご相談を取り扱っております。

相続

相続

相続税・贈与税、成年後見制度、遺言書の作成、不動産相続など、相続に関するご相談を取り扱っております。

保険・資産

保険・資産

年金のご相談や資産形成、節税などの税金対策、保険加入など、保険・資産に関するご相談を取り扱っております。

個人の労働問題・トラブル

個人の労働問題・トラブル

労働環境に関するトラブル、残業代請求など、個人の労働問題・トラブルに関するご相談を取り扱っております。

個人の税金相談

個人の税金相談

高額医療に関する控除、確定申告、電子申告の活用など、税金に関するご相談を取り扱っております。

刑事事件

刑事事件

告訴や告発、起訴前弁護、保釈、身柄解放などの刑事事件に関するご相談を取り扱っております。

トラブル・申請・法律相談

トラブル・申請・法律相談

身近な法律問題、ビザ取得、交通事故示談、医療ミスなど、法律問題全般のご相談を取り扱っております。

高齢者向け

高齢者向け

老後の資産運用やシニアライフ、相続や遺言手続き、成年後見制度など、高齢者向けのご相談を取り扱っております。

経営課題

経営課題

株式上場や経営改革、M&A、事業譲渡や倒産処理など、経営に関するご相談を取り扱っております。

行政手続き

行政手続き

各種許認可の申請や手続き、車庫証明取得、ビザ取得など、行政手続きに関するご相談を取り扱っております。

契約書

契約書

取引契約書の確認や企業間契約書の作成、契約トラブルなど、契約書に関するご相談を取り扱っております。

登記・申請・許可

登記・申請・許可

会社設立、会社登記、特許取得、補助金申請など、各種登記・申請・許可に関するご相談を取り扱っております。

企業紛争

企業紛争

企業訴訟や税務訴訟、個人情報漏えい、債権回収など、企業紛争に関するご相談を取り扱っております。

税務業務

税務業務

決算処理や記帳代行、給与計算、節税や企業資産税など、税務に関するご相談を取り扱っております。

企業の労務

企業の労務

人事や社会保険削減、労働訴訟、年末調整など、企業労務に関するご相談を取り扱っております。

一覧を見る